相談スタッフ紹介

寺澤晶子

はたらく窓口 エグゼクティブ・ディレクター

人材派遣業、婚活支援業、就労支援業を通して、様々な人に出会い、人生で転機を迎えている方のコンサルタントに従事して、11年。
自身の出産後、仕事と子育て、家のこと等で葛藤を繰り返し、自分らしさを見失う。
活動をしていく中で、同じように強みを見失っていたり、自分を活かせる場に出会えていなかったりする方が多いことに気づき、心を痛める。
そこで、はたらく窓口を通して、そのような方の強みや自分らしさを活かせるきっかけ創りに取り組んでいます。CQベーシックアドバイザー。

Q
どんな人の相談が得意?
A
何か新しい人や出来事に出会いたい人、一歩がなかなか踏み出せない人、客観的な意見をもらいたい人
Q
自分のセッション(相談)スタイルは?
A
相談者さんのやる気や気づきを引き出していく質問型スタイル。時には、愛のある厳しさあり。
Q
好きな食べ物は?
A
パスタ、ラーメン、コーヒー&チョコレート

久保博揮

はたらく窓口 ダイバーシティ・コンサルタント

1975年9月生まれ。おとめ座AB型
前職は大手通信業の子会社でウェブサイト運営やユニバーサルデザイン商品のコンサルティングなどに従事。
やりがいのある仕事だったが、働き過ぎて2009年に原因不明の高熱が一週間続き、生死をさまよう。その後、「自分らしい働き方」を追求。
多様な人々が、心地よく使える安心・安全な商品やサービスを社会に増やしていくには、「もの」にコンサルティングするよりも、「ひと」に視点を届ける人材教育が急務と感じ、ダイバーシティ・コンサルタントとして、2011年独立。2012年に法人化。CQベーシックアドバイザー。

Q
どんな人の相談が得意?
A
起業後間もなく孤独を感じる経営者、働き方を変えたいと思っている方など、頭の中のモヤモヤを明確化したい方の相談。秘密兵器の「七つの積み木」で見える化しています。
Q
好きな食べ物は?
A
白ごはん、コーヒー(フレンチロースト)、イチゴ、チョコレート(ロッテ「霧の浮舟」)をこよなく愛します。
Q
どんな人って言われる?
A
ダジャレの人(かつて同僚に「くだらない人」ともいわれました)。
よく「女子力が高い」「中性的」と言われますが、「はたらく」に関しては結構男性脳の考え方です。